2016.02.15

Amazon Fire タブレット 買っちゃった


Fire タブレット

このところずっと、仕事では一日中PCとにらめっこ、家に帰るとPCの前に座る余裕なし、もっぱらネットはiPhoneで、という状況でしたが、小さな画面では読みにくい、画像も見にくい、目も疲れる。。。
そろそろタブレットも欲しいな~と検討開始。

とうとう先日、Amazonのタブレット「Fire」7インチを購入しました!
何より安い! それにAmazonプライムの無料本や無料映画、無料ドラマなどのコンテンツに惹かれて。
これがプライム会員価格¥4,980だなんて、本当にお得ですっ。(2016年2月15日現在)


注文した翌日には届き、初期設定も簡単だったし、wifi設定もすぐできて、ネットに接続。さっそく気になってた映画を無料で観たり、音楽を聴いたり、無料本をチェックしたりしてみました。その他、SNSももちろんOK。普通の動画も大きめな画面で見られます。
寝る前の読書モード(ブルーライトカット?)画面にしてみたら、本当に目が楽で、文字サイズも簡単に自分の読みやすい大きさにできて、電子書籍としてもとても良いです。
無料本もたくさんあるし、読書生活が変わりそう!

これからいろいろ使ってみて、感想や安心便利な設定方法なんかも書けたらと思います~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.01

本 『山怪 山人が語る不思議な話』

お久しぶりですが、全然音楽に関係ない話で恐縮です(^_^; 

最近読んだ本の話。
この本、本当に興味深く、面白かったです!


山怪 山人が語る不思議な話


私の母が、新潟の豪雪地帯で山深い所の出身で、子供の頃夏にはよく田舎へ連れて行かれたのですが、そこの家が築100年以上経つ茅葺き屋根で、入ると馬屋みたいになってて馬が居て、その土間の先は真ん中にいろりのある板の間。家の中心部には太くて真っ黒なまさしく大黒柱もありました。
さすがに照明には電気、台所はガスコンロがあったような気がしますが、お風呂はおばさんが薪で焚いてくれてました。

そんな環境に寝泊まりした経験から? 闇や不思議な現象?にはなんだか興味をそそられます。
もう、そんな母の実家も立て替えられて、近代的になっちゃってますが・・・。


----------
最近、こちらあまり書いてませんが、ウクレレもほそぼそ? 楽しんでますよ~happy01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.26

最近買ったもの。

毎日寒いですね~。みなさま元気ですか??
12月頃は、街がキラキラしていて好きなんですが、こんなに寒いのはやっぱり苦手です~。

仕事柄、ずっとパソコンとにらめっこ。最近、ドライアイもひどくて、目が痛くて、PCモニタ見てるのがとってもつらかったんです~bearing
寒いのもあってか、コリもひどくて、特に肩から背中がガチガチ! カメの甲羅でも背負ってるみたい(>_<) 
さらに頭痛も・・・。

少しは楽になればと、ずっと気になっていた、ちまたで話題のPCメガネ、買ってみましたsign01

【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)

これ、とても軽くて、耳のところがソフトラバーで自分の耳に合わせて曲げられて、一日中付けてても痛くならない。
初日から、夜に目が比較的楽なことを感じて、毎日手放せなくなりました~。
これは、買って正解、もっと早く買えば良かった~と思いました。
レンズが透明のクリアタイプもあるみたい。オススメですsign03 

あとは・・・温泉に行きたい(^^; 


----------
それから、5年近く使ってた携帯電話の機種変して・・・iPhone 5にしました~。初スマホで~す。
電話番号もメールアドレスも変わらずデス。

iPhone 5 って、スゴイですね~。ガラ携では出来なかった事が、いろいろ出来て。
Youtubeもいつでもどこでも見放題だし、Webサイトもちゃんと見られて、音質も良いし、画面もキレイだし。
なにしろ、小さいのでキッチンでも洗面所でも、ちょっと横に置いて音楽聞きながら家事ができて、良いですhappy01
ヘッドフォンも使えるので、本当にまさしく、いつでもどこでも!デス。
なんだか、WWW(ワールド ワイド ウェブ)が、自分の掌中にあるっていうのにも感動しちゃいました(^_^; 


iReal b 」っていう音楽系のアプリも入れてみました。
1000曲以上のいろんな曲のコードを見られて、その伴奏を鳴らしながら練習できます。コード譜の編集・保存もできるので、手持ちの楽譜に合わせたコード譜作成して、それを再生して練習もできます~。
こんなのあればな~と思っていたものが、700円で手に入るとは! ビックリです。

iPhone 5 のお陰で音楽環境とても良くなりました~note
これからもマイペースに、がんばります~(^_^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.07

「百鬼夜行抄」好きです

もう11月! 
だんだんと秋も深まってきて・・・、駅ビルのディスプレイにはクリスマス・モードも出てきてます。

来年度も、資格試験の再受験(あと1科目)となってしまいましたが、試験内容がちょっと改訂されるらしく、取り残した科目の最新テキストをそろそろ買っておこうかと、Amazonを見ていたら・・・。


私のお気に入りシリーズの最新巻も先月出てたんだぁ~っと、一緒に注文 (^^; 


百鬼夜行抄/今 市子

はじめは、たまたま本屋で見かけて。タイトルに惹かれて買ったんですが、なんというかこの作品の雰囲気とか世界観が何とも言えず良くて。
それ以降、文庫で出る度に買って読んでいます。何度も読んでますが、上質な短編集のような構成で読みやすく、いつも新鮮な気持ちで飽きることなく、その世界に浸れます。
ジャンル的には幻想文学っぽくて、でも時代は現代、妖怪学・民俗学的な要素も多分にあって、面白いです。
どこかのレビューでみかけたけど、確かに「泉鏡花」の世界に通じるものがあるから、惹かれるのかもしれないな~とも思いました。
(私、文系で大学の卒論に泉鏡花を取り上げたので・・・(^_^; )

怖い話が苦手な人にはダメかもしれないけれど・・・、私はお気に入りですsign01 届くのが楽しみ~happy01
(注:漫画です^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.04

『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展

東京駅から歩いて5分、三菱一号館美術館で本日最終日の展覧会へ行って来ました。 

『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展

Main


この展覧会のメインが、オディロン・ルドンの「グラン・ブーケ」という巨大なパステル画で、それを三菱一号館美術館が収蔵した記念の展覧会です。
人気で混雑しているらしいとの事で、開館10分前に美術館に到着。午前中たっぷり、比較的ゆっくり見られました。

私は以前(ずいぶん昔)、オディロン・ルドンの『キュクロプス』というギリシャ神話をモチーフにした絵が(たぶん)メインになってた展覧会に行った事があり、ルドンの書いた、そうした神話をモチーフにした数々の幻想的な絵が好きでした。

今回の展覧会は、初期の黒(もしくは影)が印象的な木炭画やリトグラフの作品群から、だんだんとモノクロの中の比重・・・というより意識が、白(もしくは光)へ転換していく様子が見て取れました。
さらに、パステル画への移行。色彩が加わって、ルドンの精神世界が展開し、迫ってくるのを感じられました。
なんだか、ルドンの人生を見てきたような感覚で、とても見応えがありました。

これらを収蔵しているのは「岐阜県美術館」だそうです、行ってみたくなりました。

さて、メインになっていた「グラン・ブーケ」は、ルドンのパトロンであったというドムシー男爵の依頼で作成。
城の大食堂壁面を飾る絵(16点)の内の一枚で、絵画史上(おそらく)最大のパステル画だと言われています。
この「グラン・ブーケ」ももちろん堪能しました! 特別室とも言える一つの部屋に展示されていましたが、美しく、その大きさは圧巻でした~。しかし、圧迫感が無いのです。
静謐な青い花瓶からあふれんばかりの花々が、幻想的な雰囲気を醸し出していて、素敵でした~。

たくさんの素敵な、興味深い絵画を楽しみ、堪能しました。


私はいつも、展覧会に行くと図録を購入して、帰ってからも余韻に浸るのが好きなのですが・・・、なんと、今回大変人気の展覧会で、最終日だったためか、カタログが売り切れてしまってましたぁ~。
大変残念で、ショックです(>_<) 

仕方ないので、一般販売されている本を代わりにと買いました。


オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで

これも、読みやすく、年譜や絵もたくさん出ていて良かったです~。

鑑賞後は、レトロなたたずまいな美術館内のレストランで、美味しいランチ&デザートを食べて、帰って来ました(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

猛暑にコレ!

本当に、毎日猛暑でバテちゃいそう・・・bearing

最近のお気に入りハーブティは、こちら↓ジャスミンティ。

濃いめに入れて、氷を加えて冷やして、このところ毎日のように飲んでます。
すごく爽やかで、スッキリして、ホッ~としますよnote

通勤の時も、こんな↓感じの(色違いだけど)ミニボトルに入れて出掛けます。
小さめだけど、通勤バッグにすっぽり入って、丁度良いのですhappy01
喉が渇いたら、通勤途中にも気軽に水分補給デス。


みなさん、体調には注意して、この猛暑を乗り切りましょう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

もう10月も末でした

10月といえば・・・
Ray Bradbury「10月はたそがれの国」
レイ・ブラッドベリ『10月はたそがれの国』 (創元SF文庫)

こちら↓初版の頃の表紙(たぶん)。
Image024s_2
私の好きな本。思春期の入り口に、たまたま書店でこの本を見つけて買いました。
何度も読み返し、幻想的な(少し不気味な?)この物語の世界をふわふわと泳ぎました。
今でも、当時買った本(17版)を持っています。
そしてすぐ手の伸ばせる棚に置いています。

ページはすっかりちゃいろで色褪せているけれど、本のイメージピッタリなこの表紙。タイトルとこの表紙に惹かれて買ったのデス。
ダークなハロウィーンの雰囲気ですかね^_^; 
表紙:挿絵=Joseph Mugnaini(ジョー・マグナイニ)

ハロウィーンが終わると私の好きな季節が始まります。
空気が澄んで凛として、街がキラキラしはじめる季節。
 

-----
今度の土曜は、ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパンの1stコンサートですnote
なんだか、緊張してきますが・・・・・・・頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

コレはおいしい、ハーブティ

ハーブティっていろいろありますが・・・。
某ファミレスで飲んでとっても気に入ったのがあり、それが一般にも販売されてると知って、探して歩いていたんですが見つからず・・・(半年くらい^^;)。
つい先日、ハタと思いつきました「ネットで探してみればイイじゃん!!!」
んで、見てみたらあった~通販で売ってるよぉ~happy01 という訳で、さっそく購入heart02


それがこの『リプトン シナモンアップルハーブ』

たっぷりシナモンの香りとアップルのほのかな酸味と甘みが絶妙ブレンドのハーブティですよsign01 
美味しい~ ほ~っとリラックスするぅ~。ノンカフェインなのも嬉しい。
これからの季節、休日の朝はもちろん、夜寝る前にも楽しめます。
これが買えて、とってもうれしいデスぅ~~~。


それから、上の「シナモンアップル」を探し歩いている時、たまたま見つけたのがこちら↓

『ポンパドール フルーツ&ハーブミックス』

こちらは、柑橘系な酸味が特徴、爽やかです。ローズヒップとオレンジピールやエルダーベリーが効いてるのかな。
深紅色もキレイで、アイスティにするといっそう美味しい~です。夏の間はこれ結構飲んでました。こちらもノンカフェイン。



『トワイニング レディグレィ』
こちら↑は、ハーブティと言うよりブレンドティ(紅茶)ですが、やはりお気に入り。
紅茶なのでカフェインはあると思いますが、オレンジピールとレモンピールがほのかに爽やか、それでいてマイルド。さすが本場英国のブレンドです。渋みがあまり出なくて飲みやすく、ホッとする~、やはり美味しいですよ。

意図せず、赤・青・黄色(信号!?)になってしまいました^_^; 
でも、どことなくそれぞれの味を表現しているような・・・。

ハーブティ、楽しんでみて下さいネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.17

夏の名残に 秋の夜長に 『百鬼夜行抄』

たまには、最近のお気に入りマンガの話でも・・・。
百鬼夜行抄(今市子)
『百鬼夜行抄』 今 市子

たまたま、夏頃に見かけて買って、読んだら面白くてついつい続けて巻を重ね、文庫ですが、今は10巻です^^;

怪異短編小説のような面白さがあって、途中から読んでも楽しめるかと思うけど・・・主要登場人物それぞれの事情やらいろいろも絡めてあったりするので、出来れば1巻から通して読むのがおすすめデス。

舞台は現代(主人公は浪人して大学生になったし)、妖怪とか妖魔・怨霊とか出てきて、怖い話だといえばそうなんですが、おとぎ話のようなのもあり・・・。

本当に『不思議絵巻』ですよ。
私は、繰り返し何度も読んでるけど、まだ飽きません(^_^;
第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で、優秀賞を受賞しているらしいデス。ここ↑を読むと、萩尾望都さんに影響を受けたってありましたよ、なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.28

バルバラ

コミック、最近のお気に入りは「のだめ☆カンタービレ」と、萩尾望都さんの「バルバラ異界」

萩尾望都さんの本はデビュー作からほとんど読んでます。有名どころでは「ポーの一族」シリーズかな?やっぱり。
で、「バルバラ異界」が、最新作かな。
昨日NETで注文して、早速さっき届いたので読んだけど・・・怒濤の最終巻(全四巻)。いや~凄かったです。
なんというか衝撃が抜けなくて・・・まだドキドキしちゃってます、うう、心臓が・・・。
あとで、また1巻から読み返そう。。。。。。
「バルバラ」って、バーバリズムと関係があるのかもなー。さらに突っ込むと、ん~「ハンニバル」(映画にもなった小説)よりもずっと穏やかな必然性のあるカニバリズムの世界。

あ、音楽とは全然関係ない?コミックです・・・^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧