2014.05.06

私のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014

Lfj


東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」今年で10周年とのこと。
今年はGWはどうすごそうかな~と考えてみましたが、またクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」行ってみようかな~と思いつきました。

「ラ・フォル・ジュルネ」は、東京国際フォーラム全体が会場になっていて、すべてのホールで時間差で有料公演があり、その他に「サービスプログラム(有料公演のチケット(半券可)を持った人の入れるエリアでの無料公演)」や、外の屋台村にあるミニステージでの「オープンプログラム(チケットの無い人にもフリーな無料公演)」、それから「エリアプログラム(周辺の各ビルイベントスペースでのフリーな無料公演)など、もう街中が音楽であふれる三日間のイベントです。

初めて行ったのは、2年前の一昨年、ストラヴィンスキーの「春の祭典」という曲をホールで生で聴いてみたいと思ったのが、きっかけでした。

今回も、まずはオフィシャルホームページを見て、たくさんある有料プログラムからどれを聴きに行こうかと選んでチケット購入。ちゃんとしたホールでの有料公演は、もちろん世界で活躍する一流演奏家なのですが、このチケットが、なんと2,000~3,500円程と格安なのです。このチケット1枚あれば、すべての他の無料公演は聴き放題です。
そして、その有料公演の日に、ほかにどんな無料公演があるか確認。移動時間も考慮しつつ、自分なりのスケジュールを立てました。

さてお天気に恵まれた当日、私のラ・フォル・ジュルネは・・・・・

【その1】
午前中、有楽町駅前の映画館での連携プログラムで映画「路上のソリスト」をみました。この感想は別途、前回書いたので、そちらをどうぞ。

【その2】
有料公演でハンガリーの民族アンサンブル「ムジカーシュ」
4人組で2本のフィドルが早弾き競ったり、ハンガリーの民族楽器使ったり。
ウト ガルドンという東欧の民族楽器は初めてみました。チェロのような形で、ギターのようにストラップで肩に掛けて、短い弓のような・・・棒?で弦とかを叩いて音を出してました。
あと、歌いながら吹く楽器・・・あれってどうやって演奏してるのだろう~?
しかし、踊りたくなるほど、とても楽しい演奏でした~。

【その3】
次は別会場での無料エリアプログラムで金管アンサンブルに行こうかと思っていましたが、なんとなくJAZZの文字に惹かれて、東京駅前を横断し丸の内へ。無料プログラムで某音大ゼミの jazz in classic と銘打ったミニコンサートの会場へ行ってみました。ジャズを取り入れたクラッシックって事でガーシュインとかラベルとか。
あまりクラシックのコンサートでは聴けないようなマニアックな曲も聴けるのが、このイベントの面白いところでもありますネ。

【その4】
やっぱりオーケストラを聴きたいよねって事で、またメイン会場の東京国際フォーラムへ戻って来て、サービスプログラム会場へ。
桐朋学園オーケストラのコンサートを見る。こちらも近代?なポップス的な曲だった。席がコントラバスの後ろになってしまい、ちょっと残念でしたが、まぁ、楽しかったです。


【その5】
サービスプログラムの会場内には、さまざまなブースがあって、音楽CDや関連グッズの販売スペースへ。
前に来た時も楽譜を整理するクリアファイルを購入したので、今回も公式グッズのクリアファイル買いました。

小腹が空いたので、外の屋台村(フードエリア)でおやつを物色。エスニックなキッチンカーがいろいろ並んでて、どうしようかと迷いましたが、とりあえずケバブ買いました。
さて、どこかベンチに座って食べようかな~とウロウロしていたら、老夫婦のご婦人が「こちらへどうぞ」と席を詰めてくれて、座れました。
横で話を聞いていると、そのお二人は有料チケットは購入していないけど、周辺を散策しながら無料プログラムを楽しんで居られるようでした。
会場では通る人にラ・フォル・ジュルネのパンフを配っていて、それにすべてのプログラムのスケジュールも書いてあるし、まだ席の残っている有料公演のチケットをチケット販売カウンターで購入もできます。
屋台ではビールやワインも売っていて、あちこちで楽しそうに話しながら飲食している方々が居ます。
そういう楽しみ方もあるよね。

【その6】
そうこうしているウチに夕暮れとなり、屋台とか並んだトコにある野外ミニステージで、本日最後のフリープログラムが始まりました。
ミニステージのラストはムジカーシュでした! ホールでの演奏とは違うエキサイティングな演奏で、大盛り上がり!手拍子あり、脇で踊ってる人もいました。ホントに楽しかった~。

Lfj2

こうして、私のラ・フォル・ジュルネ2014終了~と思ったのですが・・・。
家に帰って会場でもらったパンフを見直していたら、明日「一緒に歌って祝おうLFJ10回記念:みんなでうたう≪第九≫」というイベントがあるのを発見!
しかもその前に同じ会場で、金管バンドの演奏もあるんだ~ということでまた行くことに。

翌日、昨日の有料公演半券と以前使っていた第九の合唱用楽譜をしっかり持って出掛けました。

【その7】
サービスプログラムで、東邦音大金管バンド、なかなか良かった。先生もメンバーなのかな。もっといろいろ聴きたかったな~。

終了後、ステージ前方に席が空いたので移動。隣に座った老婦人が「今日、私の娘が合唱で出るんですよ~。私も昔合唱していてね」と話しかけてきて、少しお話しました。「私も昔少し合唱やっていて、今日は歌えるかな~と思って来てみたんです」と言うと「どうぞどうぞ、歌って下さいね」っと気さくでチャーミングな老婦人でした。
しばらくすると、第九の楽譜が1枚配られました。練習番号Mのソプラノだけの楽譜。
しっかりスコア持ってきた私は恥ずかしくなりましたが、開演前にオケと合唱も入った公開リハで、指揮者の方が「歌える方は全編一緒にどうぞ」と言って下さったし、横にもスコアを持っている方がいたので、ちょっと安心しました(^_^; 


【その8】
アマデウス・ソサィエティー管弦楽団の公演開始。まずはチャイコフスキーの「1812年」 これはまた景気が良く、私も昔アマオケに居た時やったので、オケの迫力を満喫~。
その後、ソリストも入って第九4楽章の始まり。
や~、声が出ないだろうけど思いっきりやっちゃおうと、まるで発声練習もなにもしてなかったのに、なんとか声が出たので我ながらビックリ。夢中であっという間に終わりました~。
しばらく身体が震えるというか、興奮冷めずという感じでした~。


こうして、ようやく私のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014 終演となりました~。
こうやって書いてみるとさまざまな楽しみがあり、とても良かったです! 
ぜひ、クラシック音楽祭という看板を核に据えつつ、さまざま実験的な公演もやっていただけたらと思います。
また来年も楽しみにしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.23

CD 「SABBAT」 みつばち涙、イイね!

先日、このCD買いました。オススメですsign01

Sabbat
アルバム「SABBAT」 みつばち涙

アルバムタイトル「SABBAT(サバト)」とは、魔力および魔術を練習する魔法使いの真夜中の会合の意味らしいです。
本当、ダークでファンタジックなアルバムです。
冒頭からその音楽の世界と歌声に引き込まれ、最後の曲が終わるまで、グッと掴まれたまま。
アルバムとしての完成度も、とても高いと思いました。
私は、取り憑かれたように何回も繰り返し聴いてます(^_^;sweat01

「ファンタジーやホラー映画の音をKCさんに聴いてもらいイメージを確認しながら作ったので、不気味という感想はとても嬉しいです!」という事ですが、不気味というか不思議? でも、最後の曲では ホッとさせてくれます。
なんと言えばいいのかな・・・敢えてたとえるなら、コアな谷山弘子さんをもう少しダークにした・・・媚びない感じ?(^_^; 
あ、蛇足ですが、谷山弘子さんは高円寺生まれだそうです。

みつばち涙(以下、ばちちゃん)という人は、たぶん2008年頃に高円寺で出会ったんだと思うけど、一人でウクレレ弾き語りでオリジナル曲を唄っていました。
ばちちゃんが上京してきてすぐの頃なのかな、まだ素朴な少女っぽさの残る女の子でした。でも、音楽への情熱は人一倍で、ずっと頑張ってきたんだね。

私は、みつばち涙の1stアルバム「カノエサル」(2008年)も持ってまして、今回聞き直してみました。

 「カノエサル」はウクレレ弾き語り感と、昭和レトロな雰囲気を醸し出していますが、今のばちちゃんの出発点になる雰囲気はすでに出ていました。

そして、NEWアルバムではウクレレ弾き語りに収まりきらない世界観で、グッと大人の女性の雰囲気になって、余裕さえ感じられます。とても素敵です。
ちなみにジャケット絵も、ばちちゃんが描いたモノ。多彩な才能の持ち主です。

是非、たくさんの人に聴いてもらいたいですnote


入手はこちらdownwardleft

NAUTILUS RECORDS通信販売ページ

disk union Webショップ


こちらで、みつばち涙の 「SABBAT」 1曲目が聴けます。


こちらは2曲目、途中までだけど、オーケストラバージョン、とてもイイ感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.27

CD『 Stand up for yourself 』/山木将平

ご無沙汰です。

2011年5月にその演奏を聴いてから、すっかりファンになってしまった山木将平くんのNEWアルバム出てましたnote
Amazonで少し試聴したらまたまたイイ感じで、ポチッとしました~。
届くの楽しみですheart02

札幌在住で札幌を中心に活動している山木くんですが、大晦日にHTB・朝日ジルベスターコンサート2013へゲスト出演、オーケストラと共演するんですって~。
行きたい・・・けど、遠い・・・。
Twitterでアカウント見つけて、フォローしてしまいましたhappy01sweat01
東京でライブがあったら、きっと行きたいデス。


Stand up for yourself/山木将平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.31

良いお年をー!

もう、今年もあとわずか。

今年も、いろいろと皆様にお世話になりました。どうもありがとうございました。
新年もよろしくお願いします。

----------
紅白をちょっと見ていましたが、やはり、音楽には、感動したり・癒されたり・触発されたり。

先日、TVCMのバックで流れているギターの音に、ん?もしかして・・・山木将平?とか思ってしまい。

山木将平っていうのは、私の注目してる新人ギタリストで、今は、北海道を中心に活動されてます。

1年半前にこのブログにも書いたんですが、彼の演奏を初めて聴いて、感動しました。
まだ若いのに、音楽的なセンスがいいんですよ~。

久しぶりに 山木将平くんのHP を見てみたら、大幅リニューアルされてましたっ。
そして、1年半前、ネットでは彼のCDがローカルなCDショップにしかなかったのに、Amazonでも発売中!
メジャーデビューされたのですねsign01

彼の1stアルバム、『NORTH WIND』 私のお気に入りです。

・・・と思ったら、Amazonでは、CDじゃなくMP3だけだった。CDプレスしないのかな・・・。

楽天では、まだ1stアルバムCD購入できるのかしらん?
  山木将平『NORTH WIND』


HP見ても、TVCMのバックで流れているギターについては、わかりませんでしたが・・・。
これから、聴こうかなっ。年越しに(^_^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

秋の夜長に癒しの音楽・・・

今年の夏は、本当に酷暑の日々で辛かった・・・。
やっと過ごしやすくなったけど、寒暖の差が大きくて体調崩す人もちらほら・・・。
私も、なんだか疲れやすくて、疲れが抜けない、身体が重くて気も重い・・・。涼しくなったせいか、また肩コリがひどくなったし。年のせいかしら??(^_^; 

癒されたいな~と思って、時々こんなCD聴いてます~。


メンタル・デトックス



自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント


ヒーリング音楽にもいろいろありますが、私は、自然の音(せせらぎとか波とか)だけのもの等はイマイチで、優しい、人のぬくもりが感じられる音楽のほうがイイ感じで、好きですhappy01
特に、広橋真紀子 さんの音楽(ピアノ)は定評があるらしく、私も気に入ってます。

疲れた時は、横になって(寝る前とか)、このCDかけてリラックス。
ほ~~~っとします(^_^; 


Amazonとか、試聴して雰囲気を聴いて、気に入ったのを購入できて便利です~。
Amazon:ヒーリング音楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

発表会、無事終了~

ちょこちょこ書いてますが、某ギター教室のウクレレ科の個人レッスンに通ってまして。先日、発表会がありました。
先生の生徒さんは今70名位いらっしゃるらしいのですが、自由参加で、参加者は25名位だったかな?
アコースティックギターで、さだまさしの弾き語りや、洋楽弾き語り、Jポップのインスト、スラッキーギターでハワイアン。エレキギターでブルース。その合間にウクレレで、アンサンブルやソロ演奏。
後半は、クラシックギターで、ポップスから本格的なクラシックまで。
先生も司会をやりつつ、サポート演奏をしたり、最後にはソロで聴かせてくれて、大活躍でした。

本当に、みなさん個性的でバラエティ豊かで、でもギターが好きで、音楽が好きで、思い思いに好きな曲を楽しんでいらっしゃる様子。
楽器を懐に抱え込み演奏するスタイルって、ギター系の楽器だけでしょうか。なんだか上手く言えないけれど、自分の懐から音を奏でる楽しさみたいなモノを感じて、見ているだけでも、楽しかったですhappy01

私は、ウクレレアンサンブル2曲に参加して、あと先生とジャズの曲を1曲アドリブ(私は書き譜だけど・・・)交えて演奏。でも、勢いで弾いちゃって、もう少しジャズの雰囲気(ビート感)出せたら良かったな~と、反省。

それから、最後に一人で「亡き王女のためのパヴァーヌ」を弾きました。
特にゆったりとした曲で神経使うので、とっても緊張しちゃって、ずっと左手震えてました(^_^; 
ちょっとトチリもありましたが、なんとかリカバリー(誤魔化しとも言う^^;) 最後までゆったり柔らかな響きを崩さず弾けたみたいなので、まぁ良かったデス。
会場も、アコースティックな音がよく響く小さなホールで、弾いていて気持ち良かったです。

みなさんにも好評だったみたいで、「ウクレレでもあんな風に表情豊かに弾けるんですね~!」「音がキレイで素敵でした~」「ウクレレのイメージ一新した」「弦が四本でもあんな響きが出るの?」「もったいない、ギター弾けばいいのに」とか、声を掛けていただきました~happy01

発表会、終わっちゃったけど、さて、次は何を弾こうかなぁ~。
・・・っと、その前に、資格試験の勉強もしなきゃsign01(^_^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.15

『亡き王女のためのパヴァーヌ』 再び

TVから流れるこの曲を聴いて、ドキッ!としました。

ここ三ヶ月くらい取り組んできたこの曲。
初めは楽譜集見て弾いていたのですが、オーケストラ版の原曲を聴いて物足りなくなり、楽譜集には出てないフレーズをプラスしたり、ここの部分はこんな響きにしたいな~と変えてみたり。
シンプルに、フワリとした柔らかな曲のイメージ(妄想?)先行で・・・(^_^; 

今週末、今レッスンに通っている先生の門下生(基本、個人レッスンなので会った事がない方々)が都内の小さなホールに集まって、発表会をするのですが、そこで弾く予定なのです。
ほとんどが、アコースティックギターやクラシックギターの生徒さんですが・・・。私は、他のウクレレ生徒さん数名と2曲合奏(当日初対面で ^^; )して、この 『亡き王女のためのパヴァーヌ』を一人で弾いて、先生とduoでジャズの曲とか。

この先生、現在のメインはクラシックギターなのですが、とてもマルチなギタリストなのです。
私はウクレレでJAZZのレッスンを受けていますが、時々リクエストすると、クラシック曲もちゃんとポイント押さえてレッスンしてくれます。
もちろんジャズも、初めはジャズ音楽理論の講義ばかりでしたが、そのあと実際に少しずつ曲を弾きながらやってみる~という感じでやっています。
マイペースに、好きな曲を、自分で納得しながら取り組めて、楽しくレッスンに通ってますhappy01

さて、今度の発表会では、この 『亡き王女のためのパヴァーヌ』 
いろんな想いを込めて弾けるよう、頑張ります~note

発表会終わったら、今年も資格試験の勉強・・・追い込みデス。

※初めてYoutubeを貼ってみましたが、サイズ修正の方法がわからず・・・すみませんっ(^^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

CD 『The Next SHOw Time』 山木将平

昨年5月「TOKYOハンドクラフトギターフェス2011」で、初めて山木さんの演奏を聴いた時、すごいな~、イイな~っと思い、彼の1stアルバム購入したんですが・・・。

その時の記事はこちらenter
http://kakouku.tea-nifty.com/ukulelediary/2011/05/tokyo2011-4ca5.html


彼の癒し系インストはグッとくるし、ブルースもカッコイイし。
特に「Sho's Blues」と「祈り」が好きかな~。
なんというか、彼のピュアで真っ直ぐな音がいいというか・・・(^_^;
しかし、今は、札幌を中心に活動されてて、気軽にライブ聴きに行けないのが残念。

久しぶりにPCやりつつYoutubeで聴いてみようかなっと、山木将平さんのホームページ見てみたら・・・。
なんと、つい先週、2ndアルバムも出していたんですねぇ~~~shine


The Next SHOw Time/山木将平

これは、また聴いてみたい~と思いましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.08

『亡き王女のためのパヴァーヌ』

今年は、ちょっと原点に帰ってクラシックの曲にチャレンジしてみようかと・・・。
以前買った、この↓曲集を弾いてます。


ウクレレソロ クラシック名曲選 根本誠編

とりあえず、この曲集の中に掲載されてる『亡き王女のためのパヴァーヌ』をメインに練習中。
元々はピアノ曲としてラベルが作曲した曲ですが、管弦楽用に編曲された演奏を聴いた事があり、テーマのメロディがとてもゆったりとして印象的で、好きになった曲なのです。

この曲をウクレレで弾くにあたって、参考になるかとYoutubeで、いろいろ見てみましたが・・・参考になりそうなのはクラシックギターでの演奏でしょうか。
やはりギターでの演奏は、ウクレレに比べて、音域も広いし音の広がりや表現力、力強さ・・・すべてにおいてまさってます!
こんな演奏とか → Youtube
やはり、ギターに転向した方がいいのかしらん・・・とか思ったりもしてしまいます(^_^; 


でも、しかし、弦が4本しかないこの小さな楽器で、どれほどの演奏が出来るのか・・・そんな事に挑戦するのも面白いかとも思って、ウクレレでいろいろチャレンジしています。

クラシックギターの素敵な演奏をみて聴いて、さてさて『亡き王女のためのパヴァーヌ』ウクレレでどうやって弾いたらいいかな~、どうやって弾こうかな~。
もうちょっと、自分でアレンジしてみようかな~と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.10

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

年末、お正月休みに、この本を読んでみようかな~と思って買いました。


小澤征爾さんと、音楽について話をする」 小澤征爾×村上春樹


だけど昼間はいろいろ忙しく、寝る前にでもと枕元に置いていましたが、ちゃんと読みたいな~という思いもあって、やはりなかなか開けなくて・・・。
やっと一昨日から、読み始めました。 

やはり、正直いうと私は小澤征爾という人を崇拝しているのかも(^^; 
音楽の話、ワクワクしますhappy01


たぶん、読めたら、また感想を書くと思います・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧