2013.06.05

『大神社展』へ行ってきました

Cimg10962ss

先週のことですが、ふと新聞を開いて展覧会情報なんかを見ていたら、行ってみたいと思っていた『大神社展』(東京展)が、6/2(日)まで・・・。
今日は休みだし、行っちゃおうかな~と、そそくさ簡単に家事を片づけて、行って来ました~。
http://daijinja.jp/highlight/index.html

平日の午前10時半頃の上野公園、遠足の幼稚園児の列が上野動物園へ向かっていたり、制服姿の数人のグループが何組も居て修学旅行かな?、外国の方も結構居て。
今話題になってて人気の「ラファエル展」(国立西洋美術館)の前を通り過ぎ、巨大な実物大のシロナガスクジラ(模型)が屋外展示されてる「国立科学博物館」の前も通り過ぎ。
上野公園の一番奥「国立博物館」へ向かいました~。

音声ガイダンスも借りて、いざ会場内へ。

も~~~、いきなり国宝だの重要文化財だのばっかりで、スゴイ迫力でした。
しかも、普段は神社の奥に仕舞い込まれている神宝だの神像だのを間近に見られちゃうんですから!
古墳時代のものから室町時代くらいのモノですが、それらが今だ朽ちることなく、大切に綿々と伝えられてきたというのにも感動しました~
神像というモノは、ほとんどが木像なのですね。

その中でも、一番衝撃的だったのは、鹿島神宮の「直刀 黒漆平文大刀」です。
2m半位もある大きな真っ直ぐな剣です。国内最大だそうです。
その身は曇りもなくピカピカで怖いほどの存在感がありましたよ~。
本当に凄かった!

あとは「僧形八幡神影向図(仁和寺)」の掛け軸。神の姿を御簾の向こうに金色の影として描いているとても珍しいものだそうです。
それをみたら、あまりに神々しくてゾクッとしました。

「沃懸地螺鈿金銅装神輿」(平安時代の御神輿)も、大きくて荘厳で、迫力がありました。

それと「春日神鹿御正体」って、金銅製の神の使いである鹿の像もとても印象深かったです。
本当に、どれもこれも、興味深い宝物ばかりで、神々しくて、思わず手を合わせて拝みたくなりました。

残念だったのは、最大の見どころ石上神宮の「七支刀」の展示が終了してしまっていたこと・・・。ほんともっと早くくれば良かった。


でも、貴重な古神宝や神像の数々を見て、日本の神道、日本人の根底にある宗教観というか、自然(宇宙的な?見えないモノ)を崇拝する日本人の心に触れたというか、日本人の根源を見たような感じたような気がしました。
そして、神道について、もっともっと知りたくなりました。

本当、行って良かったです 。

最近、すっかり美術館巡りや寺社巡りがマイブームな私・・・(^^;  あ、まだチャレンジしている資格試験の勉強も、今年こそはと頑張ってますsign03 
それで、ただいまウクレレ休止中です(^_^;;; 

※上の写真はミュージアムショップで買った「図録」 と 「春日神鹿御正体の版画風絵はがき(大神社展オリジナル)」&「はがき用色紙掛け」←御札(おふだ)をいただいたような気分、部屋に飾ります~。

================
・・・という訳で、神道に関する本を買ってみました。

大学時代ちょっと古事記の勉強もしたし、読み物的な本は持っていたのですが、この本は、3.11東日本大震災後に書かれた本で、その辺のことも触れていたり、全国の神職へのインタビューを軸にしたノンフィクションですが、神職の方々の言葉の一つ一つが心に浸みました。そこに宗教論というよりも思想(世界観?)に近いものを感じました。
サブタイトルの通り、現代日本人の精神の源流を感じられそうな本です。 興味のある方は、ぜひ読んでみてください。


神道と日本人 魂とこころの源を探して/山村明義 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)