« 『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展 | トップページ | 人気の『ウクレレ・ジャズ』(Ukulele Jazz)楽譜集 »

2012.03.08

『亡き王女のためのパヴァーヌ』

今年は、ちょっと原点に帰ってクラシックの曲にチャレンジしてみようかと・・・。
以前買った、この↓曲集を弾いてます。


ウクレレソロ クラシック名曲選 根本誠編

とりあえず、この曲集の中に掲載されてる『亡き王女のためのパヴァーヌ』をメインに練習中。
元々はピアノ曲としてラベルが作曲した曲ですが、管弦楽用に編曲された演奏を聴いた事があり、テーマのメロディがとてもゆったりとして印象的で、好きになった曲なのです。

この曲をウクレレで弾くにあたって、参考になるかとYoutubeで、いろいろ見てみましたが・・・参考になりそうなのはクラシックギターでの演奏でしょうか。
やはりギターでの演奏は、ウクレレに比べて、音域も広いし音の広がりや表現力、力強さ・・・すべてにおいてまさってます!
こんな演奏とか → Youtube
やはり、ギターに転向した方がいいのかしらん・・・とか思ったりもしてしまいます(^_^; 


でも、しかし、弦が4本しかないこの小さな楽器で、どれほどの演奏が出来るのか・・・そんな事に挑戦するのも面白いかとも思って、ウクレレでいろいろチャレンジしています。

クラシックギターの素敵な演奏をみて聴いて、さてさて『亡き王女のためのパヴァーヌ』ウクレレでどうやって弾いたらいいかな~、どうやって弾こうかな~。
もうちょっと、自分でアレンジしてみようかな~と思います。

|

« 『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展 | トップページ | 人気の『ウクレレ・ジャズ』(Ukulele Jazz)楽譜集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12761/54172237

この記事へのトラックバック一覧です: 『亡き王女のためのパヴァーヌ』:

« 『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展 | トップページ | 人気の『ウクレレ・ジャズ』(Ukulele Jazz)楽譜集 »