« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.20

ウクレレアフタヌーン次のライブは、コレ!!

今年は、非常な猛暑に、残暑でしたが、少し過ごしやすくなってきましたね~。

私が参加している「ウクレレアフタヌーン」ライブのお知らせですsign03

------

ウクレレアフタヌーン VS ヒネモス!

「大人数の小音楽会~キテレツビッグバンド対決~」

2011年10月10日(月・祭)
18:00開場 19:00開演

前売予約2000円/当日2500円
(オーダー料金別途)
御予約はウクレレアフタヌーンまで

会場:SARAVAH東京
渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビルB1F
TEL/03-6427-8886

-----
対バンの「ヒネモス」さん、とっても楽しくワクワクさせてくれる、素敵なバンドです。
昨年の「ウクレレアフタヌーン20周年ライブ」の時に出演いただいたのですが、私もすっかりファンです。
必見ですよー。

会場の「SARAVAH東京」さんも、素晴らしい会場ですbar

是非ぜひ、ご来場ください。
ご予約、お待ちしていますhappy01

2011.09.03

ブラームス交響曲1番ちょっと聞き比べ<その2>

なんだかすっかり、同じ曲の別演奏CD聴き比べ が面白くなってきました(^^; 

今回は、前回聴いた
『ブラームス:交響曲全集』ラトル指揮/ベルリンフィル

それから、同じベルリンフィルだけど・・・
『ブラームス:交響曲第1番』カラヤン指揮/ベルリンフィル

今回は、同じベルリンフィルという世界最高峰といわれるオーケストラで、違う指揮者の演奏です。

カラヤンは、もちろん世界的な指揮者で、日本でも大人気でした。小澤征爾も若い頃に師事したオーストリア出身の偉大な指揮者です。  ・・・のだめカンタービレ (漫画)のミルヒーのモデルは、このカラヤンではないか、てかそうでしょ?(^_^;


さて、聴いてみると・・・、当然世界最高峰のオケだけあって、そのオケの(伝統の)音色はさほど違いなく、安定感と厚みのあるハーモニーを鳴らしています。

しかし、ラトルと比べてみて、カラヤンの指揮は、なんと流麗、華麗な演奏を導き出すのでしょう。陶酔も感じさせる程です。
これが カラヤン、さすが カラヤン、「楽壇の帝王」といわれただけの事はある! と思いました~。

これを聴くと、ラトルの演奏は、ちょっと地味かな・・・と思えてしまいました。もちろん、個人の感想です、人それぞれの好みはあると思ってます。

それにしても、指揮者によって、指揮者の曲に対する解釈によって、同じ曲でも、同じオケでも、こうも違う演奏になるんですね~。


聴き比べが面白くて、こんなものまで買ってしまいました~(^_^;
オーケストラ全パートの楽譜が載ってるスコア
ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 作品68 (スコア)


さて次は、何を聴こうかな~。
同じカラヤン&ベルリンフィルで、違う年代の録音とかも面白いかも!?

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ