« 大変な地震です! | トップページ | 『TOKYOハンドクラフトギターフェス2011』にて »

2011.03.30

あなたにとって「音楽」はなんですか?

みなさま、その後、いかがお過ごしですか。

東京では、計画停電や交通機関の乱れ、流通関係の混乱にも慣れてきて、多少の環境的不安はありますが、だんだんと落ち着きを取り戻してきている気がします。

震源に近い方々の、被害状況や心情などには計り知れないモノがありますが、先週は、赤十字への寄付をしたり、区の支援物資受付所に、モノを持って行ったりしました。
身近なところででも、少しずつでも何か協力できれば、お役に立てればと思っています。

被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。

-----

先日、震災後初めて、私の所属している「ウクレレオーケストラ」で集まる機会がありました。
10名ほどは震災の影響で欠席しましたが、それ以外はみな元気に集まりました。

震災の被害の甚大さに、心も沈みがちで、不安感もなかなか抜けずに居ましたが、仲間と顔を合わせて、一緒に無心にウクレレを弾いて、少し気持ちが救われる気がしました。


みんなそうだと思いますが、気持ちが沈みがちで落ち着かず、知らず知らずのうちに、ずっと緊張していて疲れが溜まっていたのか、翌日はそうとうな疲労感でありましたが・・・、何とか仕事にも行きました。

疲れが溜まっていたのだと気付く事ができて、良かったとも思いました。疲れた時は、休むのも大事ですよね。


私はみんなの前で、ソロを弾く機会があり、「スターダスト」を弾きました。みんなに喜んでもらえたようで、嬉しかったです。

この時、話そうと思って話しそびれた事があります。それは簡単に書くと、こんな↓話。

-------
7,8年前の事ですが、キヨシ先生が「音楽は愛と情熱だ」とおっしゃっていて、自分にとって音楽は何だろう・・・と考えてみました。私にとって、音楽は「祈り」だと思い当たりました。
大きくとらえれば、そこには聴いてくれるみんなへの思いやりのようなモノも含まれるし、はたまた、この世界全体への愛も含まれるかも知れません。

そういえば、今、ちまたに流れている音楽の源流にあるのは、中世ヨーロッパの教会音楽「グレゴリアン・チャント(聖歌)」だと言われています。

私は十代の頃、吹奏楽部でしたが、野球部が「一球入魂」と言うように、吹奏楽部では「一音入魂」と言っていました。
自分の出す音のすべてに気を配り、歌うように語るように、大切に心を込めて演奏するということです。
そこには、いつでも、私の祈りを込めています。

みなさんにとって「音楽」はなんですか?

-------

実は、昨年暮れ頃から、私、四十肩になってしまいまして・・・・・。
ウクレレを弾いていると、腕がしびれてきて、さらにしびれに気付かず続けていると、右手親指に力が入らなくなります(>_<)
一部のメンバーからは練習のし過ぎじゃないのか?っと言われました(^_^;

しばらくは、無理せずマイペースで弾いていけたらなぁ~と思っております。

« 大変な地震です! | トップページ | 『TOKYOハンドクラフトギターフェス2011』にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12761/51254235

この記事へのトラックバック一覧です: あなたにとって「音楽」はなんですか?:

« 大変な地震です! | トップページ | 『TOKYOハンドクラフトギターフェス2011』にて »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ