« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.28

小澤征爾 『奇跡のニューヨーク・ライブ』!!


小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラ 「奇跡のニューヨーク・ライヴ」

先月、2010年12月14日、ニューヨークのカーネギーホールで行われたサイトウ・キネン・オーケストラのコンサートで、指揮者:小澤征爾が振った ブラームスの交響曲1番。

サイトウ・キネン・オーケストラは、1984年、「斎藤秀雄メモリアル・コンサート」で、小澤征爾と秋山和慶を中心に、斎藤秀雄門下生が集まって臨時編成された斎藤秀雄メモリアル・オーケストラが母体のオーケストラです。
世界で、ソロで、活躍していた演奏家がボランティアで集まっての、このコンサートが始まりでした。
その後、「サイトウ・キネン・オーケストラ」が創設され、長野県松本市で「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」が開催されるようになっています。
このような創設の経緯はもちろん、その存在は、ほかに類の無い、独特なオーケストラではないでしょうか。

小澤征爾は、今では世界に認められた指揮者。
サイトウ・キネン・オーケストラにとっては、まさしくかけがえのない指揮者です。
オケと指揮者との親密度、信頼関係・・・この部分は、たぶんどこのオケにも真似が出来ない部分ではないでしょうか。

私は昔、アマチュアオーケストラに参加して音楽に夢中になっていた頃、小澤征爾の「僕の音楽武者修行」を読んでとてもワクワクしたのもです。
一生に一度は、直接小澤征爾の指揮を見てみたいと思っていました。その夢は、5年ほど前、サントリーホールでかないましたが・・・。
小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラ この組み合わせはまだ直接体験していないのです。
「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」にも、一度で良いから行ってみたいと思ってました。

前振りはともかく、早速CDを聞きました。

指揮の小澤征爾とオーケストラとが、渾然一体となっている! 小澤征爾の指揮に、オケが全身全霊で応えてる。そう感じました。
心が揺さぶられる、グッと来ました。
感動で涙が出そうになりました。そして、勇気をもらえたような気がしました。

TVで、ちょっとだけ演奏中の映像を見ましたが、本当に、小澤征爾とオケが一心同体になってると思いました。

すごいデス。。。。。まさに奇跡。

また聴こう。

2011.01.02

謹賀新年

あけましておめでとうござますfuji
昨年中は、みなさんにいろいろとお世話になり、どうもありがとうございました。


昨年は、振り返ってみると、いろいろと演奏の機会がたくさんありました。

2月、「ウクレレピクニックinハワイwave(UOJ)」に始まり。

5月は、「ハンドクラフトギターフェスティバル2010」(UOJ)

7月、「イーアスつくば・サマーコンサート」(UOJ)

8月の「第11回 ウクレレ・ピクニックsun」(UOJ&ウクレレ・アフタヌーン)

9月は、「ウクレレアフタヌーン活動20年祭」

11月、ウクレレアフタヌーン「High High Highteen !!!!」ライブ

同じく11月、きららホール(船橋)での「ウクレレ・コンサート」(UOJ)

12月には、「ウクレレオーケストラオブジャパン・コンサートVol.2xmas」(UOJ)

(UOJ)=ウクレレオーケストラオブジャパン

ん~、なかなか忙しくハードな一年で、自分的には、反省点もたくさんありますが・・・、充実した一年だったような気もします。
今年、まだ何があるかわかりませんがheart02、今後もさらに精進して、がんばりたいと思います~。

いろいろな場所で、私たちの演奏を聴いてくださったみなさま、どうもありがとうございましたhappy01


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ