« CD『ジ・ウクレレコンテスト2007』 | トップページ | アンサンブルの中の自分 »

2008.09.17

夏の名残に 秋の夜長に 『百鬼夜行抄』

たまには、最近のお気に入りマンガの話でも・・・。
百鬼夜行抄(今市子)
『百鬼夜行抄』 今 市子

たまたま、夏頃に見かけて買って、読んだら面白くてついつい続けて巻を重ね、文庫ですが、今は10巻です^^;

怪異短編小説のような面白さがあって、途中から読んでも楽しめるかと思うけど・・・主要登場人物それぞれの事情やらいろいろも絡めてあったりするので、出来れば1巻から通して読むのがおすすめデス。

舞台は現代(主人公は浪人して大学生になったし)、妖怪とか妖魔・怨霊とか出てきて、怖い話だといえばそうなんですが、おとぎ話のようなのもあり・・・。

本当に『不思議絵巻』ですよ。
私は、繰り返し何度も読んでるけど、まだ飽きません(^_^;
第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で、優秀賞を受賞しているらしいデス。ここ↑を読むと、萩尾望都さんに影響を受けたってありましたよ、なるほど。

|

« CD『ジ・ウクレレコンテスト2007』 | トップページ | アンサンブルの中の自分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12761/42506427

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残に 秋の夜長に 『百鬼夜行抄』:

« CD『ジ・ウクレレコンテスト2007』 | トップページ | アンサンブルの中の自分 »