« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

久しぶりに・・・

前回書いてから、2週間くらい経っちゃいました。
久しぶりにひとりごと・・・というか、近況~。

レッスンは、行ってます。
今月から新しくお一人女性の方が入って、またお仲間が増えました。
先生の噛み砕いた音楽理論の話に頭を捻ったり絞ったりしつつ、実際に弾いてみたり、ほかの人の演奏聴いたり、何とか少しずつ消化しようと頑張ってます。ただ曲を楽譜通り弾けばいいというレッスンじゃないのですが、楽しいです。

ウクレレ・オフタイム(?^^;)では、仕事もいくらか慣れてきて、頑張ってます。
こちらもある程度任せられてるので、楽しいです。時々イレギュラーなこととかあっても、周囲が協力してくれるし。

ご主人の仕事の都合で香港に行ってた親友が、帰国したと便りをくれました。(2年ぶり?)
NET上で、昔の音楽仲間(?)と再会?も出来ました。(8年ぶり?)
また、近くに住んでる友人と久しぶりにランチの約束しました。(3年ぶり?)
嬉しいです。友人や仲間って、いいな~と思うのでした(^-^)

来月7/30(土)は、HPのTOPにも書いてありますが、「路地裏ライブVol.2」やります。
また、がんばろう~。 g(^^)

2005.06.15

「レレの青い空」


NHKみんなのうた『レレの青い空』

ちまたのレレ弾きさん達の間で話題になってる歌があります。
NHK「みんなのうた」で今月から流れている「レレの青い空」 みなさんもう耳にされたでしょうか?

私のセンセー、キヨシ小林先生が、作詞作曲された曲です。歌っているのは「ウクレレおじさん」(^^;
私もうっかり見逃しそうだったので、録画予約入れて見ることが出来ました。
ウクレレをやってる大部分の人が、共感しそうな歌詞ですよ。アニメもなんだか曲にマッチしてる。
暗いニュースが多い昨今、とても身近なさりげなく日常的な?小さな幸せを見つける喜びみたいなモノを感じられて(・・・って大袈裟かな~、すみません^_^;)いい曲だなーっと思いましたです。
自分も歌ってみたいな~っと思う人も多いのではないでしょうか。

某所で時間の関係で放送されない歌詞の部分があることを知りまして、これは「みんなのうた」のテキストを入手しなければ!っと、今日は仕事休みだったので雨の中、自転車でウロウロ。駅前の本屋さんでやっとGET!しました。
うわー放送されない歌詞の部分、またイイじゃないですかー。思わず自分の為の歌かと思いました・・・って妄想!?(^0^; バックには山内雄喜さんも参加、かわいい歌声は、4才の女の子だそうです。
センセーのメッセージページは写真入りカラーですよ。

帰ったら、さっそく弾き歌いしてみました。ちょっと知らないコードとかありましたが、楽しく弾き歌い出来ました~。歌は、まだあんまり覚えていないので、テキトーでしたが・・・^^; 練習しま~すっ
今月末発売の「みんなのうた」のCDには、ウクレレソロもありのフルコーラス入ってるらしいです。聴いてみたし。


-----<追記>-----
そして、ウクレレ・インストで「レレの青い空」が収録されているCD「ウクレレ・スウィング42」には、ウクレレ用の譜面がおまけで付いてますsign01


「ウクレレ・スウィング42」 キヨシ小林&GIPSY SWING GANG

2005.06.14

小さな声援(^^)

先日、ちょっと時間があって公園レレ。

まだマトモに弾けない曲を、ゆっくり目につっかえつっかえ(^^; 練習していたら、背後から「ガンバレ、ガンバレ~」っと控えめに小さな声援が掛かりました。
え?っと振り向くと、一人の女の子(小学生)がちょこんと座って、聞いていたのでした。
「ありがとぅ~、何年生?」「3年、音楽大好きなの!」「そうなんだ~、遊びに来たの?」「うん」「じゃ、こんなの弾いてあげようかなぁ~」っと、トトロ弾いてみました。
「あ、トトロ?!」っと、ちょっと喜んでくれたみたいでした。
もう時間がなかったので、「それじゃ、またね~」っと別れてきました。

応援してくれて、ありがとねっ!(^-^) 

2005.06.11

「LEFT ALONE」

久しぶりに、私の好きなCDの事でも書きましょう。

たった一枚だけしか音楽CDを持てないとしたら、迷わずこれを選びます。
マル・ウォルドロン(piano)の「LEFT ALONE」です。
  ((キヨシ小林先生のウクレレCDも、捨て難いのですが・・・^^;))

私が持ってるのは1993年日本コロンビアから発売されたCDです。(解説:油井正一)背景が緑色の。
最近、東芝EMIから1999年に発売された同じCDを聴く機会があったのですが、なんだか印象が違うんです!
う~ん、私は1993年のCDの方が、雰囲気があって好きです。聴き慣れてるからかな~。

実際に録音されたのは1960年、米国の「ベツレヘム」というレーベルから発売されたモノです。
マルはビリー・ホリディ(有名な女性ジャズシンガー:1959年7月没)の最後の伴奏者だったそうです。
表題の「LEFT ALONE」はビリー作詞、マル作曲の曲でしたが、ビリーが歌った録音は残っていないそうです。
マルは、ビリーの追悼のためにこのアルバムを作る事を考えましたが、別のシンガーを呼ばずに、ビリーが歌っていたパートを、A,saxのジャッキー・マクリーンに演奏させました。
以前、ビリーホリディの映画が上映されていたように思うのですが・・・観に行った様な気がする・・・。うーん、なんて言うタイトルだったろう? あ、「奇妙な果実」だ! ラストシーンが今でも目というか頭に焼き付いてます。

解説みたいなのは、この位で^^;
この曲の、どうしようもない孤独感を聴く度に、なんだか癒されるのって・・・。
・・・・・・中島みゆきのような効能でしょうか(^0^;
だけどもう15年近く、時々心の片隅に鳴っていた曲です。

最近、またよく聴くのでした・・・・。

2005.06.02

<ウクレレ路地裏ライブVol.1> ライブレポート

先週土曜、ウクレレ路地裏ライブVol.1、おかげさまで無事盛況のうちに終了しました~。
聴きに来てくださったみなさま、飛び入り演奏してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

簡単ながらライブレポを。(・・・というかお品書き?^^;)

まずは palupalu(おっきー&ひろぴー)ハワイアンDUO 演奏(20分ほど)
   ・初ライブで初々しく、素敵な歌&演奏を聴かせてくれました。

休憩時間中、飛び入り演奏、3組。Dさん、Wさん、Yさん。

二組目 高橋重人 ジャカソロ&弾き語り 演奏(20分ほど) 
   ・さすが安定した演奏、安心して聴くことができました。

休憩時間中、飛び入り演奏、4組。Mさん(男性)、Mさん(女性)、Lさん。

そして、森拓治先生+3名=森先生率いるウクレレユニット「NAHELE NUI」の主要メンバーによるジャカソロ・アンサンブル演奏、圧巻でした。

最後 The moon of sea (ちぇるしぃ&かっこ) ジャズ・ウクレレDUO・・・っていえるかな?(20分ほど)
   ・JAZZを中心にインストルメンタル6曲披露しました。

会場の彦六さんは小さなお店なので、総勢20名位でもう満杯!って感じでした。
みなさまのお陰で、楽しく良い時間が作れたように思います。
本当にどうもありがとうございました。(^-^) 良かったら、ご感想などお寄せ下さいね。

----------
次回<ウクレレ路地裏ライブ>は、同じ会場で7月30日(土)午後の予定です。
主な出演者は只今交渉中。ご期待下さい。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ